親子の絆

  • 2014.01.12 Sunday
  • 07:35
最近は、DNA鑑定で、親子判定が簡単にできるようになってきたんですねーDocomo88

でも、もし、のつながった親子でない、て、わかった時のショック0口0は大きいでしょうね。

いや、人によっては、親子でなくてよかった、て喜ぶ人もいるのでしょうか?

「こんな親の子じゃなくて、せいせいした!」

「こんな子が自分の血筋じゃなくて、よかった!」

とか、親子だから、仲がいい、とは限らないですからねーペコちゃん



もし、仲の良くない親子で、数十年過ごした後に、DNA鑑定の結果、親子じゃないって、わかったとしたら、親子の縁を切ってしまうんでしょうか?

「もう、教育義務はないから、どこにでも行きなさい」

「血の繋がってない親の面倒はみたくないから、出ていく!」

はたから見ると、悲しい別れですね。

たとえ縁をきったとしても、一緒に過ごした数十年の思い出は、なくなることはないから、いつか、昔話として、笑い会える時が来るといいですねき



こんなこともあります。

DNA鑑定するまでもなく、あきらかに血のつながった親子じゃないけど、不思議な縁で、出会い、共に時を過ごし、一緒に住むことになる、擬似親子

「前世では、親子だったのかもしれないね」

「もしかしたら、ケンカ別れして、今世では親子になれなかったのかも」

「ははは、これで、ハッピーエンドかもね」


これって、いわゆる、魂のつながりき、てやつですかねー。

DNAが肉体の親子鑑定なら、魂の親子鑑定Docomo88があってもよさそうですね。



あ、そんなことができそうな人がいた!ペコちゃんうさぎ

でも、その人うさぎは、表立ってそんなことをやらずに、そっとささやくだけキラほし

「もしかしたら、親子だったのかもねー。わからないけど、そうだとしたら、これで、前世からのしこりがなくなって、願いが成就できたのかも」

判断するのは、本人たち次第。占い師の言うことを過信するのではなく、ヒントとして受けとり、自分たちで気づくこときが大切なんでしょうね。



もし、親子で仲が良くない人がいたとしたら、DNA鑑定する前に、魂の声を聞いて見るといいかもしれないですね。

「来世では、いつも一緒に過ごせる関係でいよう」

「親子だったら、いつも一緒に過ごせるかな」

「来世では、自分が親となって、守ってあげる」

「じゃあ、子供となって、老後は支えていくね」

そんな、魂の声が聞こえたなら、エゴのぶつかり合いで仲の悪くなった親子の関係も、少しは和らぐのでしょうか?ペコちゃん



あ、隠れ占い師うさぎが、ささやきます。

「別れからの復縁をこなせるかどうかも、前世からの宿題みたい。わからないけど(笑)」

回りの関係者から見たら、すごく感動する出来事になって、自らの親子関係を見直すことにつながるのかもしれませんね。

「そういうこと」


あ!そんなことまで、宿題になっていたのか〜!0口0



みなさんの親子が抱えてる宿題、て、何ですか?

もし、魂の声を聞いてみたいなら、隠れ占い師のささやきを聞いてみてはいかがでしょう?



彩くらぶのイベントに参加すると、そんなささやきが、聞こえてくるかもしれませんよ(笑)ペコちゃん

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

星の彩

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM