さきたま古墳の彩り

  • 2014.02.25 Tuesday
  • 08:09
彩くらぶのメンバーが、埼玉にある「さきたま古墳」に、彩ツアーとして行ってきました。
その体験談を、物語風にまとめてみました。

◆約束の地

「ここに来ることが、約束だったね」
遠い記憶。忘れ去った記憶。歴史にさえ残らない記憶。
彩くらぶとして、人の心の彩りをテーマに活動してきた。それが「約束」だから。
古墳時代、といわれている時の中で、どれだけ、苦しんできただろう。人と人の争いの中で、平和を願いながら、心に問い続けてきた。
それから、多くの争いを乗り越えて、ようやく、平和な時代が訪れた。

「まだ、ここで、取り残されていたのね」

歴史がどんなに変わろうとも、強い思いは、その土地に宿り、答えを求めてさまよい続ける。

残雪の中、ほのじろく輝く夜の古墳で、私たちは、目では見えない世界にアクセスしていった。

古墳
として残された、この大地には、いろんな層の先人がいた。歓迎してくれたり、なにか期待をしたり、じーっと見ていたり。時の流れをさかのぼっていくと、稲を持っていたり、ボロボロの戦の格好をしたり、あらゆる歴史を物語っていた。

たくさんの思いの渦に巻き込まれ、耐えきれなくなってきた。とても、すべての問いかけに答えられない。

「5名様限定ね」

彩くらぶ、としては、目には見えない人、残された思い、にも答えてあげたい。だけど、行列を作られても、限界がある。

「みんなで、相談して決めてね」

ホテルに戻って、眠りについている間に、誰が、どうとりまとめたのか、思いの渦は、整っていて、順番を待っていた。

もちろん、彩くらぶのメンバーが、交通整理したのだけど、それは、夢の中の妄想話。誰も知らない、記憶の外の出来事。

天気のいい朝を迎え、感じるままに、古墳巡りをすることにした。約束を果たすために。

(つづく)

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

星の彩

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM